スポンサーリンク
スポンサーリンク

Cisco EtherChannel Static (L2 Ether Channel)

【概要】
現在のキャンパスネットワーク、DCネットワークの構成上、ほとんどのNWでEtherChannelは利用されていると思います。帯域の拡張用として、ロードバランシングとして、レガシーな技術でありながら優位性があります。
EtherChannelはL2、L3がありますが、利用頻度が多いと思われるL2からメモ書きしようと思います。

EtherChannel概要メモ

EtherChannelとは

  • 複数の物理ポートを単一の論理ポートとしてみなす技術

EtherChannel

  • イーサネット ポート(物理ポート)を8つまで束ねることが可能で、EtherChannelにより最大帯域は、Gigabitetherで最大8Gbps、10Gigabitetherの最大80Gbps
  • レイヤ 2 ポートとレイヤ 3 ポートでEtherChannel設定が可能
  • EtherChannelのモードとして、Mode on / LACP(802.3ad) / PAgP(Cisco独自)が選択可能

EtherChannelの制約事項

EtherChannelの全てのポートは同じ VLAN に割り当てるか、またはトランクポートとしての設定が必要

EtherChannelのメリット

  •  単一のポートに比べて、より大きな帯域幅とアベイラビリティを提供可能
  •  ロードバランシングが可能
  •  物理的にループ構成になるが、Spanning-treeを考慮する必要がない

EtherChannelのデメリット

  • チャネルの両端でチャネリングポートに一貫性がない場合に、フォワーディング ループが発生する危険性がある。
  • 同じチャネル グループのMode on 設定されたポートは、Speedやduplexのようなポート特性に互換性を持たせる必要があり、Mode onで設定されていたとしても、互換性のないポートは suspended ステートになる。

EtherChannelによる負荷分散(ロードバランシング)

SW1(config)#port-channel load-balance ?
  dst-ip       Dst IP Addr
  dst-mac      Dst Mac Addr
  src-dst-ip   Src XOR Dst IP Addr
  src-dst-mac  Src XOR Dst Mac Addr
  src-ip       Src IP Addr
  src-mac      Src Mac Addr

ロードバランシングの方式

1~6の方式でロードバランシングすることができ、設定することができる

  1. 宛先MACアドレス
  2. 送信元MACアドレス
  3. 送信元/宛先MACアドレス
  4. 宛先IPアドレス
  5. 送信元IPアドレス
  6. 送信元/宛先IPアドレス

ロードバランシング方式(1~6)で選択するが、間違えるとうまくロードバランシングしないケースがある。
例えば、「1.宛先MACアドレス」を選択した場合

etherchannel2

  • PC1/PC2/PC3 ->SV1 向けの通信に対してはロードバランシングしない
  • PC1/PC2/PC3 ->SV2 向けの通信に対してはロードバランシングしない
    (宛先MACがPCのデフォルトゲートウェイである、RのMACアドレスになるため)等々場合により、ロードバランシングしないケースがあるので考慮する必要がある

ロードバランシングの割合


引用元

CatalystスイッチでのEtherChannelのロードバランスと冗長性について
このドキュメントでは、EtherChannelを使用してCisco Catalystスイッチのロードバランスと冗長性を確保する方法について説明します。

EtherChannel の物理と論理

構成例としてL2SW#1とL2SW#2、それぞれGi0/1Gi0/2を接続した例

physical_logical1

おまけ

レガシーのEtherchannelでMulti-chassisにEtherChannelは不可で、
Multi-chassis EtherChannelを実現するには、VSS・VPC・Stackの構成にする必要がある。
VSS・VPCに関しては、機器が限定されると共にコストが上がる。

MEC1

ALL
スポンサーリンク
スポンサーリンク